軽車検費用を抑えるテクニック

少しでも軽車検費用を安くするためのコツ

二年に一度のたびに数万円を支払っていては負担になるのは間違いありません。そこで少しでも軽車検費用を安くできるならそれに越したことはないため、ちょっとしたコツを覚えておきたいものです。

業者を絞り込んでおく

軽車検費用を抑えるためには、どこにお願いするのかが大切になります。
ところが車検を受けられる業者は山のようにありますから、一軒ずつ回っていると期限が切れてしまいます。そこであらかじめ何社かに絞り込んでおくのが得策です。やり方は簡単で、最近ではインターネット検索すると車検の見積もりができるサイトが見つかるので、アクセスしておくと良いでしょう。しかも使うところによっては、自宅の近くから順番に検索できるものなどがあるので、上手に利用しておくとかなりの時間の短縮になります。
また、知り合いに聞いてみて、安かったところを教えてもらうというのも良い方法ですし、紹介してもらうことでいくらか値引きをしてもらえる可能性もあるので、試してみる価値はあります。

相見積もりをしておく

インターネットで検索してわかった軽車検費用は、あくまでも概算ということになりますから、その時点で安かったからという理由で選んでしまうと予想を大きく上回る金額を支払う羽目になるかもしれません。それを避けるためには、めぼしい業者が見つかった時点で、所有している軽自動車を見てもらうためのスケージュールを組んでもらいましょう。
コツとしては同じ時間帯に複数の業者を呼んでおくということです。車検は業者にとっては比較的儲かる仕事です。おまけに対応が良ければこれをきっかけにお得意さんになってくれるかもしれないですから、他社に取られないように頑張って値引きをしてくれるため、必ず相見積もりをするようにしておきたいものです。

総合的に見て判断しておく

軽車検費用は一円でも安いに越したことはありませんが、なぜ他の業者よりも安くできるのかの根拠を聞いておくのを忘れてはいけません。
例えば代車の費用が含まれていない場合は、当然利用するとなるといくらかが上乗せされてしまい、トータルではあまり安くならなかったといったことがよくあるケースです。それから部品の交換をした際に、中古や社外品を使われていたなどといったことも珍しくありません。それ以外でも洗車はしない、現時点では車検を通っても二年後までは保証できない、業者のところまで持ち込んで、引き取りにも来て欲しいといった場合なら、若干軽車検費用が抑えられますから、それらを納得した上で決断するようにしておくと後悔しなくてすみます。