軽車検費用は業者によって大きく違う

軽車検費用はどのくらいかかる?

車検は新車は購入から3年目に、それ以外は2年に一度必ず行わなければいけませんが、費用が高額になってしまいます。軽車検費用はどのくらいかかり、その内訳はどのようになっているのでしょうか。

軽車検費用の内訳は?

軽車検費用は5~8万円が相場だといわれています。そのうち、自賠責保険が26,370円、重量税が8、800円、印紙代が1,400円かかります。これらの合計金額の36,570円はどこで車検を受けても必ず支払わなければいけないもので、法定費用とも呼ばれています。
軽車検費用はこの法定費用のほかに、業者が点検や整備を行った際の料金として24カ月点検や検査代、代行手数料が必要になります。これらの費用が2~5万円程度かかるため、合計した金額が、大体5~8万円になるのです。車の状態によっては部品の交換なども必要になりますので、部品代や工賃が別途かかってしまうケースがあり、その場合にはさらに金額が高額になってしまいます。

車検を安く受けるには?

軽車検費用の内訳の中で、法定費用はどうやっても削ることができない部分です。軽車検費用を安くしたいと思った場合には、法定費用以外の24カ月点検や整備代などの部分が安い業者に依頼するという方法を取ることになります。法定費用以外の費用は業者のもうけとなりますので、業者にとっての儲けが少ない=ユーザーの車検にかかる費用が安くなる、ということになるのです。
軽車検費用が安い車検専門店や町の工場などは、自分たちの儲けを少なくして車検を行ってくれているといえます。しかし、同じように車検を通すための検査などをおこなっても、その業者によって内容に違いがあり、車検後の車の状態にまで影響を及ぼしてしまうケースがあるといわれています。

安いからいいというわけではない

軽車検費用が安い業者の場合、「とりあえず車検が通れば良い」というところがあります。例えば、タイヤがすり減っていても、車検を通るれべえるだから問題がない、とそのままにしてしまうことがあるということです。その逆で、車検費用が高額になるといわれているディーラーの場合、それらの不具合はきちんとチェックし、交換をすすめてくれます。車検費用が安いところは「とりあえず車検を通す」ためのものになっているので、車検自体にかかる時間も短時間になる傾向がありますし、車検後にトラブルが起きて修理のための費用が掛かってしまうこともあります。逆に車検費用が高いところは「その後の安全な運転まで考えてくれている」ともいえます。