軽車検費用の内容と経済性

軽車検費用のいろいろ

車を持っているうえで欠かすことができないものが、車検です。車検を通っていない車に乗っていると法律違反になります。この車検費用は、どこで車検をするか、車の種類などによって大きく変わります。軽車検費用は、大型車よりも安い傾向です。

車検の種類

軽自動車であれ大型車であれ、トラック、オートバイであれ、車を持っていればからならずしなければならないものが車検です。必ずしなければならないものですが、持っている車の種類によって車検を受ける時期は異なります。一口に車検といっても、新規検査と継続検査、構造等変更検査があります。このうちもっとも行われる車検が、継続検査であり、今まで乗っていた車を引き続き乗るためにしなければならない検査です。軽自動車の場合、継続検査は新車を買った後の初めての検査は3年後、その後は2年ごとに行う必要があります。車は乗り続けていけば、どんどん不具合が生じていくので、年数が経てば経つほど軽車検費用はどんどん高くなっていくことになります。

車検の費用内容

多くの車を持っている人が受けるべき継続検査の車検の費用は、軽車両ならばおおよその場合5万円から8万円ほどになります。軽車検費用の内訳は、大きく2つに分けることができ、法定費用と点検・整備費用になります。法定費用とは自動車損害賠償責任保険26370円と重量税6600円、そしてそれらの手続きに必要な印紙代1400円となります。そのため合計36570円は必ず納めなければならない費用であり、個人の所有する車であれ企業の車であれ、またどこで車検を受けたとしても同じ金額です。もうひとつの点検・整備費用が、大きく異なる費用であり、どこで車検を受けるかによって大きく変わります。車検はディーラーや個人の車検業者、フランチャイズ車検業者とで受けることができます。

点検・整備のための車検費用

軽車検費用のうち、どこで車検を受けるかによって金額が変わるのが点検・整備費用で、おおよそ1万から5万円ほどです。フランチャイズの車検会社では基本的に料金や水準が一定ですが、ディーラーや個人の車検会社の場合、地域や業者によって大きく費用が異なります。車検をした際に、部品の交換や整備しなおした場合には新たに費用が加わることになります。交換する備品などによって費用は異なり、高額な部品であれば車検代も高くなります。乗っている年数が増えれば増えるほど部品の交換や整備に費用が掛かるようになります。そのため、3回目以降の継続検査を受けるよりも中古車として売却して、新車や状態の良い中古車を購入する方が経済的に良いこともあります。

故障が少なくなれば、車の維持費を抑えることが出来ます。 目で見て確認できる安心の立ち会い車検です。 お客様の貴重なお時間を最小限に抑えた車検サービスです。 車検切れ、でも時間がない方へ。速太郎なら最短45分で車検を完了。 全国各地に92店舗を展開し、対象エリアはほぼ日本全国となりますが、当サイトの店舗一覧にてお近くの店が確認できます。 軽車検費用をチェックしよう